作図単位のミリ、インチについて

Q.


モデル空間で作図するとき、長さの単位は、必ず、ミリメートルになるのでしょうか?

設定より入力単位、計測値をインチなどに変更しても、作図する線分の長さの単位は変わらないのでしょうか。


A.


作図された要素のサイズなどについては、単位は持ちません。
例えば、長さ100で線分を描いた場合、その線分の長さは 100 であり、ミリメートルなどの単位は持ちません。
単位は図面にて設定します。入力単位の設定がミリメートルなら、作図された線分は 100 ミリメートルとなり、設定がインチなら、作図された線分は 100 インチとなります。


入力単位の違いは、図面間でのやり取りの場合、影響があります。
例えば入力単位がミリメートルの図面に、入力単位がインチのブロックを挿入した場合はブロックがインチからミリメートルに変換されますので、25.4倍されたブロックが挿入されます。

以下の例は、入力単位がインチ、半径が 10 の円を描いたブロック(図面)を、入力単位がミリメートルの図面に分解挿入したものです。挿入された円の半径が 254.0 になっています。

挿入するブロック


挿入後の円